MacでWi-FiをCUIで設定する

概要

MacでGUIを使ってWi-Fiを設定するよりもコマンドラインで実行するほうが接続が早いのと、

複数台のMACを設定するときにシェルスクリプトを書いて共有したほうが早いのでメモ。

Mac標準のターミナルやiTerm等のツールを使って実行してください。

CUIからWi-FiのOn/Off

Wi-FiのOn

bash
$ networksetup -setairportpower en0 on

Wi-FiのOff

bash
$ networksetup -setairportpower en0 off

CUIから接続可能なWi-Fi一覧の取得

現在接続可能なWi-Fiを表示します。
SSIDだけでなくRSSIやSECURITYも表示されます
RSSIとセキュリティ内容が見れるのは結構便利かも

bash
$ /System/Library/PrivateFrameworks/Apple80211.framework/Versions/Current/Resources/airport -s

SSID BSSID             RSSI CHANNEL HT CC SECURITY (auth/unicast/group)
30F772DA****-5G **:**:72:da:c1:81 -71  100     Y  JP WPA(PSK/AES/AES) WPA2(PSK/AES/AES)
70188B8**** **:**:8b:29:41:93 -71  2       Y  JP WPA(PSK/AES/AES) WPA2(PSK/AES/AES)
30F77251***-5G **:**:72:51:da:72 -70  100     Y  JP WPA(PSK/AES/AES) WPA2(PSK/AES/AES)
...

CUIから設定済みのWi-Fi一覧を取得する

以前に設定して保存しているWi-Fiの一覧取得コマンド

bash
$ networksetup -listpreferredwirelessnetworks en0
Preferred networks on en0:
	SWS1day
	JR-EAST_FREE_Wi-Fi
...

CUIから設定済みのWi-Fiに接続する

SSIDとパスワードを入れてWi-Fiに接続する
接続したいSSIDとパスワードは適宜変更してください。

bash
$ networksetup -setairportnetwork en0 接続したいSSID パスワード

まとめ

  • コマンドから実行すると接続まで早い
  • 複数台のマックを設定するときにシェルスクリプトを準備すると作業が効率よく可能
  • SSID/RSSI/SECURITYが見れる
  • ターミナルから設定するとかっこいい

Macは関係ないけどiOSアプリでWi-Fiを可視化

Wi-FiやLTE・BLEをARで可視化するiOSアプリのAR-WAVE。
ARだと強度がわかりやすく表示されるので非常に便利です。