404 Not Foundの原因と対策

概要

エンジニアでなくても見たことが多い 404 Not Foundの原因と対策。
通常Webサーバ(ApacheやNginx)は問題ないページを出力するときは、ステータスコード 200 を返却します。
ただし何かしらのエラーがある場合、Webサーバはエラーなステータスコードを返却します。

404 Not Foundとは

[404 Not Found] や [お探しのページが見つかりません] 等のエラーページは、Webサーバ(Apache/Nginx/IIS/Tomcat)が出力します。
リクエストされたファイルがWebサーバ側で存在しないときにこのエラーコードを出力します。

404 Not Foundが出力されるときは、ブラウザからWebサーバまでの接続は問題なくできているので、Webサーバ側のエラーを確認しましょう。

404 Not Foundの原因と対策

Webサーバ側でファイルが存在しない

http://example.com/test.html のようなURLでリクエストをしたときに、404になる場合は、test.html がDocumentRoot (ドキュメントルート)に存在しない場合です。

例えば、Document Root配下のディレクトリツリーが下記のような場合です。
test.htmlは存在しないので404になります。
ファイルが存在しているか確認しましょう。

こちらの例ではhttp://example.com/test/index.php は問題なくアクセスできます。

まとめ

  • 404 Not Foundは誰でも起きるエラーの一つ
  • ファイルが存在しない
  • Document Root が間違っていないか焦らず確認することが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です